FC2ブログ
All Entries |  Monthly Archives |  Tag Cloud |  New entry |  Up load | 

COM Mini French Lesson #351

minicomfrench.png 
Expression idiomatique 
イディオム(慣用的な表現)


fermer la porte à   

妨げる、阻む

 

Fermer la porte à quelque chose signifie empêcher ou arrêter cette chose. 

Fermer la porte à quelque choseとは、何かを妨げたり阻んだりすることです。


En effet, de manière imagée, cette porte fermée qui empêche toute entrée, reflète bien l’idée qu’une action est empêchée volontairement.


実際、ドアが閉められるという表現は、何かを故意に妨げるというイメージにあっています。



Exemple : “Malgré toutes les jolies propositions qui lui ont été suggérées, le patron a fermé la porte à toute idée de modernisation.”


例:たくさんの良い提案があったにもかかわらず、経営者は近代化についてのあらゆるアイデアを退けた。


N°066

スポンサーサイト



COM Mini English Lesson #350

minicomenglish.png 
英語のことわざ
Proverb


Beggars can’t be choosers

(物もらいにえり好みは禁物)

 

This popular proverb is used to describe a person who has to take what they are given. They have no power to choose.

 

これもよく使われることわざです。与えられたものをうけいれなくてはならない人について使われます。その人たちは選ぶことができない状態なのです。

 

Example: 

Parents talking about their college student son

A: Did you hear? John has been offered some work at that new restaurant.

B: That’s good! When will he start?

A: He doesn’t know yet. They want him to work on Thursday and Friday evenings, but he said he’d prefer to work on the weekend.

B: Really? Beggars can’t be choosers, you know. He should accept their offer.

 

例:

大学生の息子と両親の会話

A: ねえ、聞いた?ジョンはあのレストランで仕事をもらえたのよ。

B: よかったね。いつから?

A: まだわからないの。お店の方は木曜と金曜の夜に来てくれって言うんだけど、彼は週末がいいって言ったんだって。

B: 本当?物もらいにえり好みは禁物なのに。彼はお店の言うとおりにするべきだよ

  No 067

COM Mini French Lesson #350

minicomfrench.png 
Nouvelles françaises 
ニュース


Les pharmaciens autorisés à vacciner contre la grippe

薬剤師にインフルエンザのワクチン接種許可へ

 

La mesure vise à inciter les personnes les plus vulnérables à se faire vacciner, alors que la campagne d’immunisation commence ce mardi.

この対策は、インフルエンザウイルスに弱い人々が予防接種を受けられるように奨励することを目的としており、キャンペーンは今週火曜日に始まります。

 

La traditionnelle campagne nationale de vaccination contre la grippe saisonnière débute mardi 15 octobre, avec une nouveauté cette année : les pharmaciens vont désormais pouvoir vacciner dans leurs officines.

 

1015日火曜日に、従来の季節性インフルエンザに対する国予防接種キャンペーンはが始まりましたが、今年はひとつ新しい点があります。薬剤師が薬局で予防接種を行えるようになることです。

 

Après l’expérience menée l’an dernier dans quatre régions – Occitanie, Auvergne-Rhône-Alpes, Nouvelle-Aquitaine et Hauts-de-France –, où près d’un million de Français avaient bénéficié de la vaccination en pharmacie, le ministère de la santé a souhaité étendre à toute la France la possibilité pour les pharmaciens de vacciner contre la grippe.

昨年、4つの地域(オクシタニア、オーヴェルニュローヌアルプス、ニューアキテーヌ、オードフランス)で実験が行われ、約100万人のフランス人が薬局で予防接種を受ける恩恵に浴しました。厚生省は、薬剤師がインフルエンザの予防接種をする可能性をフランスで全国にに広げたいと考えています。

 

Lire la suite :

https://www.lemonde.fr/societe/article/2019/10/15/les-pharmaciens-desormais-autorises-a-vacciner-contre-la-grippe_6015564_3224.html

 

No 070

COM Mini English Lesson #349

minicomenglish.png 
Idiom 
イディオム


to do/pull an all nighter  

徹夜する

 

 Recently, we looked at the idiom ‘to burn the midnight oil.’

 前回のイディオムは、’to burn the midnight oil’でした。

 

 ‘To do/pull an all nighter’ is more modern, and a little different in meaning. Unlike the ‘midnight oil’ idiom, this means to work or study without any sleep at all.

今回の‘To do/pull an all nighter’は、もっと新しいイディオムで、意味も前回の物とは少し異なります。‘Midnight oil’ idiom,と違い、今回のイディオムは、全く眠らずに勉強や仕事をすることを意味しています。

 

Example:

A: Would you like to go out for a drink?

B: I’d love to, but I’m off home now. I had to do an all nighter last night to finish my report.

 

例:

A: 飲みに行かない?

B: 行きたいけどいま家に向かって帰ってるところなの。昨夜はレポートを完成させるために徹夜したのよ。


No 062

COM Mini French Lesson #349

minicomfrench.png 

Un petit morceau de français
一口フランス語

 

De saboter à サボる

De nos jours en japonais サボる (saboru), signifie généralement « sécher les cours », ou encore dans un milieu non-estudiantin « tirer au flanc ». Ce mot tirerait son origine de la langue française, et plus exactement du mot « sabotage » dont il garde les deux premières syllabes.

現在の日本語で「サボる」とはフランス語では « sécher les coursー授業をサボる » « tirer au flancー仮病を使ってサボる » と言います。日本語の「サボる」はフランス語がもとになっていますが、それは« sabotage(破壊) »という単語です。

En effet l’origine de ce glissement de sens surprenant prendrait racine au Japon lors des grèves de 1920 pendant lesquelles サボタージュ (sabotâju) aurait pris le sens de « ne pas aller au travail », ce qui revenait en effet à saboter l’entreprise dans une certaine mesure... pour ensuite devenir des années plus tard « ne pas aller en cours ».

実はこの意味の変化の元はは、日本における1920年のストライキにありました。そのとき使われたサボタージュという言葉には「仕事に行かない」という意味がありました。それはある意味では会社を破壊する(saboter)ことでもありました。やがてそれは「授業に行かない」という意味になりました。 

En français, si le terme « sabotage » est bien dérivé du verbe « saboter », celui-ci viendrait de « sabot ». Une légende tout aussi surprenante voudrait que le mot « sabotage » vienne du fait que des ouvriers jetaient leurs sabots dans les machines en vue de les détruire. Cependant, aucune source fiable ne prouve que le mot vienne de là.

フランス語では« sabotage »という単語は« saboter »という動詞から生まれたされますが、それはさらにまた« sabot(サボ、木靴) »という単語に由来するのです。伝説によると« sabotage »という言葉は労働者たちが機械を壊そうとして自分たちの木靴« sabot »、を機械に投げつけた事が元になっているというのです。しかしながら、別の信頼できる説だと、この語源説は証明できないとされています。

n°065