FC2ブログ
All Entries |  Monthly Archives |  Tag Cloud |  New entry |  Up load | 

COM Mini English Lesson #336

minicomenglish.png 
Robert先生の
英語レッスン

ability 

 

As I’m sure you know, the verb ‘can’ is most commonly used when talking about ability.

 

皆さんご承知のように、「~できる」「能力がある」と言いたいときに最もよく使わ れるのは‘can’という助動詞です。

 

Ex.         “I can play chess.”

              “She can use this software.”

              “He can’t understand French.”

 

例:         「私はチェスができます」

              「彼女はこのソフトを使えます」

              「彼はフランス語を理解できません」

 

 

When we talk about ability in the past or for a specific single event, it’s a little different. For general ability in the past, ‘could’ is used.

 

過去において何かができたかどうか、または特定の出来事については少し違います。 一般的に、過去に「~できた」と言うときには‘could’が使われます。

 

Ex.        “I could play tennis really well in college.”

例:        「私、学生時代は本当にテニスが上手でした」

 

However, for a single event in the past, we use ‘able to’ or ‘manage to’.

 

しかし、過去に、あることが実際に「できた」と言いたいときは‘able to’ ‘manage to’を使います。

 

Ex.      “I was busy, but I managed to finish the report.”

“The zookeepers weren’t able to save the baby panda.”

 

例:      「私は忙しかったのですが、何とかレポートを仕上げました」

「動物園の飼育係は赤ちゃんパンダを救うことができませんでした」

 

 

For ability in the future, ‘able to’ is used.

 

未来において「~できるだろう」と言いたいときは‘able to’が使われます。

 

Ex.        “If you study English more, you’ll be able to speak well.”

        「英語をもっと勉強すれば、もっと上手に話せるようになりますよ」


No 062

スポンサーサイト

COM Mini French Lesson #336

minicomfrench.png 
Expression idiomatique 
イディオム(慣用的な表現)


être à deux doigts de…

もう少しで...するところだ

 

Cette expression signifie être très proche d’un résultat, d’obtenir un résultat (positif ou négatif).

 

この表現は、ある結果がすぐそばにあること(結果が良くても悪くても)、あと少しでその結果に達すること、を意味しています。

 

Exemple :

« Je voulais l’aider à finir son exercice, mais je ne vais pas le faire : il est à deux doigts de le réussir tout seul. »

 

私は彼が問題を解き終わるのを手伝いたかったのですが、やめました。というのは、彼はあと少しで自力で解けそうだったからです。


 

Variante (passer à deux doigts de…) :

似た表現→passer à deux doigts de…

 

« On est passés à deux doigts de la catastrophe. »

あと少しで大惨事になるところでした。


N°063

COM Mini English Lesson #335

minicomenglish.png 
英語のことわざ
Proverb


There’s plenty of fish in the sea

海にはたっぷり魚がいる選択肢はまだ他にもある、いい人はまだ他に沢山いる

 

 

This saying is used to cheer up someone who has just broken up with their boyfriend/girlfriend or even divorced.

 

この言い方は、恋人との関係がダメにになったり離婚したりした人を励ますときに使われます。

 

Although you may hear it in dramas, it has become quite hackneyed, so maybe a different expression like the following would be better:

 

ドラマの中でこのセリフを聞くことがあるかもしれませんが、この言い方は実はもうかなり使い古されたものですので、次の表現のほうが良いかもしれません。

 

“I’m sure you’ll find someone else soon.”

「絶対すぐに他の人が見つかりますよ」


 No 066

COM Mini French Lesson #335

minicomfrench.png 
Nouvelles françaises 
ニュース


Festival d’Angoulême : le Grand Prix 2019 couronne la mangaka Rumiko Takahashi


アングレーム国際漫画祭で、高橋留美子が2019年グランプリを受賞


La créatrice de « Ranma 1/2 » et « Maison Ikkoku » (« Juliette je t’aime ») reçoit les honneurs du Festival international de la bande dessinée, qui boude habituellement les auteurs japonais et les dessinatrices.

 

受賞したのは「らんま1/2」「めぞん一刻(愛してるよジュリエット)」などの作者である高橋留美子。いままで日本人作家はあまり受賞したことがありませんでした。

 

Superstar du manga et reine de la comédie romantique, Rumiko Takahashi s’est vu décerner, mercredi 23 janvier, le 46e Grand Prix de la ville d’Angoulême pour l’ensemble de son œuvre, à l’issue d’un vote réalisé auprès d’un collège d’auteurs francophones. Elle succède à  l’Américain Richard Corben, que le Festival international de la bande dessinée (qui se tient du 24 au 27 janvier) celèbre cette année à travers une rétrospective.

 

マンガ界のスーパースターで、ロマンチックコメディの女王である高橋留美子は、1月23日水曜日、投票によってアングレーム市の第46回グランプリを受賞しました。去年の受賞はアメリカのリチャード・コーベンでした。コミックの国際フェスティバル(それは1月24日から27日まで開催されます)は回顧展を通して今回の受賞を祝います。

 

 La désignation de Rumiko Takahashi n’est pas un petit événement dans le milieu de la BD où les dessinatrices, comme les auteurs nippons, ne sont que rarement gratifiés par la plus haute distinction européenne. Depuis sa création en 1974, le Grand Prix n’a été décerné qu’à un seul Japonais, Katsuhiro Otomo en 2015, et à une seule femme, Florence Cestac, en 2000 (Claire Bretécher recevant un « Grand Prix du dixième anniversaire » en 1983). 

 

高橋留美子の受賞は漫画界にとって小さな出来事ではありません。漫画界では、作家たちと同じように、日本の漫画家がヨーロッパで最も高い評価を得ているフェスティバルで受賞することはあまりないのです。アングレーム国際漫画祭は1974年に始まりましたが、日本人の授賞は2015年の大友克洋だけです。また女性では2000年のフロランス・セスタックただ一人です(クレール・ブレテシェは1983年に "10周年記念大賞"を受賞しました)。

 

Si la victoire de la mangaka face aux autres finalistes, l’Américain Chris Ware et le Français Emmanuel Guibert, peut créer un certain étonnement, des auteures et auteurs plaidaient toutefois en coulisses depuis plusieurs années pour la faire grimper dans les votes. Et rappeler ainsi que le manga tient le haut des ventes de la bande dessinée en France.

 

他のファイナリストである、アメリカ人クリス・ウェアとフランス人エマニュエル・ギバートに対する日本の漫画家の勝利はある種の驚きを生み出すかもしれませんが、作家たちはその選考のために数年間舞台裏で訴えてきたのです。そして漫画はフランスでト​​ップセールスを保持していることを想い起してください。

 

 

https://www.lemonde.fr/pixels/article/2019/01/23/festival-d-angouleme-le-grand-prix-2019-couronne-la-mangaka-rumiko-takahashi_5413538_4408996.html?xtmc=toriyama&xtcr=7

No 067

COM Mini English Lesson #334

minicomenglish.png 
Idiom 
イディオム


to go for something


You may have heard the phrase “Go for it!” which is used when urging a person to take on a challenge or when cheering a team. 


“Go for it!”という表現は聞いたことがあると思います。何かに挑戦しようとしている人に(イチかバチか)やってみるよう強く勧めるとき、またはチームを「頑張れ!」と応援するときに

使われます。


Ex.  A: “I’m thinking of starting my own company.”

       B: “Go for it!  I’m sure you’ll succeed.”


   A:自分の会社を始めようと思っているんだ。 

   B:やってみろよ!君なら成功間違いなしだ」



 The idiom is also used when making a choice, and is a little informal.


このイディオムは「選ぶ」という意味でも使われます。少しくだけた感じです。


Ex.  A: “So, which bag are you gonna buy?”

       B: “Hmm, I think I’ll go for the smaller one.”


       A:で、どっちのバッグを買うつもりなの。

       B:う~ん。小さいほうにしようかしら。


No 059