All Entries |  Monthly Archives |  Tag Cloud |  New entry |  Up load | 

COM Mini English Lesson #274

Idiom
イディオム(慣用的な表現)

com mini lesson

to give (someone) the benefit of the doubt
疑わしきは罰せず

疑いはあるがはっきりした証拠がないので無罪にする、確かではないがとりあえず信じる

This idiom is used towards somebody who you believe, even though you have no proof.
このイディオムは、証拠はないが誰かの話を信じるというときに使われます。

  Example:  
A: I can’t believe John took the money.
B: Look, there’s no evidence that he took anything. He said he didn’t take it, and I’m willing to give him the benefit of the doubt.

  
A: ジョンがお金を取ったなんて信じられないわ。
B: ジョンが何か取った証拠なんてないほ。彼は取ってないというし、僕は、「疑わしきは罰せず」だと思うよ。


As in the above example, “I’m willing to…” or “I’m prepared to…” can be used in the idiom.
“I’m willing to…”の代わりに “I’m prepared to…”を使うこともできます。


No 048
スポンサーサイト

COM Mini French Lesson #274

Un petit morceau de français
一口フランス語

com mini lesson

Pigeon ou colombe

L’image populaire de la colombe, celle d’un oiseau de couleur blanche, symbole de pureté, est bien différente de celle du pigeon pour la plupart des francophones, cependant le terme “colombe” ne correspond pas à un niveau de classification scientifique et désigne la plupart du temps un pigeon biset blanc ou une tourterelle domestique blanche. Effectivement, par exemple, les oiseaux blancs utilisés lors des “lâchers de colombes” sont en réalité des pigeons bisets.

Colombeという言葉のもつイメージは、清純、無垢のシンボルである白い鳩で、フランス語を話す人たちの大部分にとっては、pigeon という言葉で表される鳩のイメージとだいぶ違います。“colombe”という言葉は科学的分類とは別に、たいていは白鳩または白いキジバトを表します。実際、lâchers de colombes(鳩を放つ)で放たれるのは白い鳩です。

Dans la religion chrétienne, c’est la colombe et non le pigeon qui est le symbole du Saint-Esprit. Mais aussi, depuis le XXe siècle, l’oiseau blanc symbole de la paix qui tient un rameau d’olivier dans son bec, comme la colombe qui indique à Noé la fin du déluge dans la Bible, est souvent pris lui aussi pour une colombe. Par contre dans les rues de Paris, ou au menu (voire la recette de pigeon aux raisins), il s’agira bien de pigeons.

キリスト教では聖霊のシンボルの鳩はpigeonではなく colombeです。20世紀以降、旧約聖書にある、ノアの洪水で水が引いたことを知らせる colombeのように、くちばしにオリーブの小枝をくわえた、平和のシンボルである白い鳥もまたcolombeだと考えられています。反面、パリの街中で見かける鳩や料理の材料にされる鳩はpigeonのほうです。


No 051

COM Mini English Lesson #273

News
ニュース

com mini lesson

Prisoner wakes up in mortuary in Asturias Spain
スペイン アストゥリアス州の死体安置所で、 受刑者が目を覚ます


A prisoner in northern Spain woke up in a hospital mortuary after being certified dead by three doctors, Spanish media report.

スペインのメディアによると、スペイン北部の病院の霊安室で一人の受刑者が目を覚ましましたそうです。3人の医師によって死亡が確認された後でした。

Gonzalo Montoya Jimenez, an inmate at a jail in the Asturias region, regained consciousness just hours before an autopsy was due to be performed. His body is said by his family to have been marked in preparation for the post-mortem examination. He is now under observation in intensive care at an Oviedo hospital.

彼の名前はゴンザーロ・モントヤ・ジメネズ。アストゥリア地方の刑務所にいた受刑者です。解剖のほんの数時間前に意識を取り戻しました。家族によると彼の体は検死解剖の準備で印までつけられていたとのことです。生き返った現在はオヴィエドの病院の集中治療室で経過観察中です。

Family members told local newspaper La Voz Asturias that Montoya “had autopsy markings on him, ready to be opened up”. It is suspected to be a case of catalepsy, hospital sources told Spanish news channel Telecinco. Catalepsy is a condition where a person’s vital signs slow down to the point of being almost imperceptible. However this has yet to be confirmed.

家族は地方紙ラ・ヴォズ・アストゥリアスに「モントヤの体にはすでに印がつけられていて、解剖の準備はできていました」と語りました。スペインのテレシンコニュースは、病院はカタレプシー(強硬症)の疑いがあると考えているとのことです。カタレプシー(強硬症)とは、生命のサインが、ほとんど感じられないほど低下する状態のことです。しかし、まだこれについては確認されていません。

His “death” had been certified by three experienced doctors at the prison, who ordered his body to be sent to the mortuary for further examination. The body was taken to the Institute of Legal Medicine in Oviedo, the regional capital.

この受刑者の「死亡」は刑務所の経験豊かな3人の死によって確認されました。医師たちはさらなる検査のために「遺体」を死体安置所に移すよう指示しました。そして「遺体」は州都にある法医学研究所に移されたのです。

http://www.bbc.com/news/world-europe-42609239

No 045

COM Mini French Lesson #273

Christophe先生のフランス語レッスン
com mini lesson

Français, avec ou sans majuscule ?
 フランス語と大文字


Contrairement à l’anglais, lorsque « français » est adjectif, nom ou utilisé comme adverbe, il ne prend pas de majuscule.

« français »という単語は形容詞、名詞、副詞で使われますが、下の例文のように、最初のfは大文字になりません。英語とここが違います。

   La tour Eiffel est le monument français le plus connu.
   Apprendre le français n’est pas si difficile.
   Elle parle français couramment..

La majuscule n’est utilisée que lorsque « français » est substantif, désignant les personnes qui vivent en France ou en sont originaires (un Français = une personne française).

« français »のfが大文字になるのは、下の例文のように「フランス人」つまりフランスに住んでいる、またはフランス出身の人を表す時だけです。

   Les Français aiment le fromage.

Cette règle est aussi valable pour désigner les habitants d’autres pays, bien sûr, mais aussi de villes, de régions, etc : un Parisien, un Tokyoïte, mais un cinéma parisien, la vie tokyoïte...

このルールはフランス以外の国や都市、地域を表す言葉にも適用されます。
たとえば un Parisien(パリの人), un Tokyoïte(東京の人)などです。パリの映画、東京の生活はun cinéma parisien, la vie tokyoïteといいます。


No 052

COM Mini English Lesson #272

Little bites of English
一口英語

com mini lesson

ped / pod

The prefix or suffix ped/pod is used in words to indicate ‘foot’.
Here are some common words which contain it.

Ped/pod は接頭語または接尾語として使われています。どちらも「足」を意味します。Ped またはpodが含まれる単語を以下に挙げてみました。

   pedal (ペダル)
   pedometer   (万歩計、商標)
   pedestrian (歩行者)
   pedicure  (ペデュキア)
   pedestal   (台座)
   centipede  (ムカデ)
   millipede  (ヤスデ)
   biped    (2足動物。形容詞はbipedal)
   tripod    (三脚)
   podium   (表彰台、ポディウム)

‘Ped’ is from Latin, whereas ‘pod’ is Greek.
Pedという言葉はラテン語で、podはギリシャ語です。

No 049