All Entries |  Monthly Archives |  Tag Cloud |  New entry |  Up load | 

COM Mini English Lesson #240

英語のことわざ
Proverb

com mini lesson

“More haste, less speed.”
「急ぐほどスピードを落とせ」→急がば回れ


This is a very common proverb, meaning that in order to do something quickly, you shouldn’t be too hasty.
大変よく使われることわざです。急いでいるときは慌てないこと、という意味があります。

A fairly common alternative to this is : 
だいたい同じ意味を持ち、代わりによく使われるのが

     “Less haste, more speed.”
     「慌てないほどスピードがあがる」です。


Finally, there is a more minor proverb which has a similar meaning: “Slow and steady wins the race.”
最後に、もうひとつ同じような意味を表すことわざをご紹介しましょう。ただし、上の2つほどよく使われていません。

     “Slow and steady wins the race.”
     「ゆっくりだが確実なものがレースに勝利する」
     →ウサギと亀の逸話を連想しませんか?


No 048
スポンサーサイト

COM Mini French Lesson #240

Nouvelles françaises
ニュース

com mini lesson

Kiyoshi Kurosawa, le cinéaste de la destruction et de la renaissance
黒沢清:破壊と再生の映画監督
 

Rencontre avec le réalisateur japonais, maître du thriller horrifique.
日本の映画監督-ホラー映画の巨匠 との出会い


Kiyoshi Kurosawa était cette année un des invités du 70e Festival de Cannes. Son dernier film en date, Avant que nous disparaissions, dont la sortie est prévue à la fin de l’année, faisait en effet partie de la sélection Un certain regard. C’était l’occasion de le rencontrer et de faire le point sur les évolutions récentes de sa carrière, alors que son précédent film, Creepy, sort en salle ce mercredi.

黒沢清監督は今年の第70回カンヌ国際映画祭に招待されました。最新作「散歩する侵略者」はこれから封切られますが映画祭ではある視点部門に出品されています。これは黒沢監督と、彼の最近の作品の変化を知る良い機会でしょう。黒沢監督の前作「クリーピー 偽りの隣人」はこの水曜日に公開されています。

Spécificités françaises
フランスの特異性


Avant Creepy, Le Secret de la chambre noire a été une expérience nouvelle pour lui. Production française tournée dans les environs de Paris, le film l’a forcé à adapter ses obsessions à d’autres lieux et ambiances. Un véritable défi tant les récits terrifiants qu’il raconte semblent être étroitement déterminés par la culture et la société japonaises modernes. « Tout ce que je savais, c’était qu’en tournant en France, je ne pouvais pas importer mes conceptions ou ma façon de travailler telles quelles. Le scénario a donc en conséquence été réécrit plusieurs fois en tenant compte de spécificités françaises. »

Le secret de la chamber noire(タゲレオタイプの女)は黒沢監督にとって新しい経験でした。パリ郊外で撮影されたので、自分の強迫観念を他国の雰囲気に適応させなくてはなりませんでした。これは監督の本格的な挑戦ですが、現代日本の文化と社会が、彼の語る恐ろしい物語を厳密に決定づけているように見えます。「フランスで撮影したので自分の考え方(作品の着想)をそのまま導入することができませんでした。だからシナリオは結果的にはフランスの特殊性を考慮に入れて何度か書き直さなくてはなりませんでした」

Lire l'article complet : http://www.lemonde.fr/cinema/article/2017/06/13/kiyoshi-kurosawa-le-cineaste-de-la-destruction-et-de-la-renaissance_5143540_3476.html

No 038

COM Mini English Lesson #239

Idiom
イディオム(慣用的な表現)

com mini lesson

“X is one thing, but Y is another.”
   XとYは別のものだ

The above expression is used to stress that doing the Y activity is much more difficult than the X activity.

この表現は、Xという行動よりもYという行動のほうがずっと難しいことを強調したいときに用いられます。

     Example: 例

“So, we’ll buy the materials tomorrow, then we can make the model in the afternoon.”
“It’s not so easy. Buying the materials is one thing, but actually making it is another.”

「じゃあ、明日材料を買いに行こうよ。そうすれば、午後には模型を作れるよ」
「そんなに簡単じゃないよ。材料を買うのと模型を実際に作るのは別のことだよ」


No 041

COM Mini French Lesson #239

Un petit morceau de français
一口フランス語

com mini lesson

Pieuvre et poulpe
   2つの「タコ」の違いとは?


Quelle est la différence entre la pieuvre et le poulpe ?
la pieuvre とle poulpeはどちらもタコをさしますが、どのような違いがあるのでしょう。


Presqu’aucune, ces deux mots désignent le même animal d’un point de vue scientifique.

科学的見地からはこの2つの単語は同じ動物を指しています。

Alors que le mot « poulpe » vient du grec et signifie « plusieurs pieds », le mot « pieuvre » n’a fait son apparition dans la langue française que récemment, en 1865, grâce à Victor Hugo qui introduit ce mot dans son livre les Travailleurs de la mer. Le succès de cette œuvre est tel que le mot « pieuvre » remplace rapidement le mot « poulpe » dans le langage courant.

« poulpe »の語源はギリシャ語で、「何本もの足」という意味です。一方« pieuvre »という単語は最近までフランス語にはありませんでした。ヴィクトル・ユゴーが「海の労働者」という作品の中で初めて使ったのが1865年のことです。この作品が成功したおかげでタコを意味する言葉が« poulpe »から« pieuvre »に代わったのです。

Aujourd’hui, l’utilisation de l’un ou l’autre mot varie selon les régions et les espèces. Mais en général, « poulpe » a évolué en appellation commerciale et gastronomique, alors que le mot « pieuvre » est plus utilisé en sciences et littérature.

今日では、この2つの語のどちらを使うかは地域などによって異なります。しかし一般的に科学と文学の世界では« pieuvre »のほうが多く使われています。

No 044

COM Mini English Lesson #238

News
ニュース

com mini lesson

Snake eats wallaby on Australian golf course
オーストラリアのゴルフコースで蛇がワラビーを飲み込む


Australian golfers have watched a 4m scrub python swallow a wallaby at a course in Far North Queensland. The incident happened on the 17th fairway at Paradise Palms Golf Course in Cairns at the weekend. The scrub python, Australia’s longest snake, often ambushes prey by hiding in trees of long grass. A course manager said the display did not deter golfers from finishing their rounds.

Robert Willemse, a club member for almost 10 years, said the snake was spotted wrapped around the marsupial in the middle of the fairway. “Everybody was pretty surprised. It’s quite an unusual thing to see, “ he told the BBC. “I was only there for about five minutes, but I heard that the snake did manage to swallow the wallaby and rolled into a dry creek.”

A club spokesman told the Cairns Post newspaper that locals were used to seeing various wildlife on the “rainforest-style” course.

オーストラリアはファー・ノース・クイーンズランドのゴルフコースで、体長4メートルの巨大なニシキヘビがワラビーを飲み込むところをゴルファーたちが目撃しました。この事件が起こったのはケアンズのパラダイス・パームス・ゴルフコースの17フェアウェーでした。週末のことです。このニシキヘビ(scrub python)はオーストラリアで最長の蛇で、しばしば木の陰や伸びた草に潜んで獲物を待ち伏せします。ゴルフコースのマネージャーによると、この事件があったからと言って、ゴルファーたちにラウンドをやめさせないで続けさせた。

ゴルフ場の会員歴10年のロバートウィルムスさんによると、蛇はフェアウェーの真ん中でワラビーに巻き付いているところを発見されたそうです。「みんなは結構驚いていましたよ。そう年中見かけるものではありませんからね」と彼はBBCに語りました。「私は5分くらいしか現場にいませんでしたが、蛇がなんとかワラビーを飲み込んで、乾いた小川に入って体を丸める様子は聞こえてきましたよ」。

ゴルフ場のスポークスマンがケアンズ・ポスト紙に語ったところによると、地元の人たちはこの「熱帯雨林スタイル」のゴルフ場で様々な野生動物を見ることに慣れているとのことです。


Source :http://www.bbc.com/news/world-australia-38284948

No 038