FC2ブログ
All Entries |  Monthly Archives |  Tag Cloud |  New entry |  Up load | 

COM Mini English Lesson #355

minicomenglish.png 
英語のことわざ
Proverb


Good things come to those who wait.  

待てば海路の日和あり

 

This proverb encourages people to be patient by saying that patience will be rewarded. It is actually from the original proverb, ‘All things come to those who wait.’ It is a poem by Lady Mary Montgomerie Currie (1843 to 1905), but some think it was from the 16th century.

 

辛抱すればそれはいずれ報われるということを表すことわざです。 元になっているのは ‘All things come to those who wait.’(全てのことは待つ人のところにやってくる)ということわざで、Lady Mary Montgomerie Currie(1843-1905)の詩に由来します。ただし、16世紀には使われていたと考える人もいます。

 

Example: (child to parent)

A: Can we go to the park today?

B: No, we’re all going tomorrow.

A: But I want to go today!

B: Sorry, Julie, but we’re going with Sarah and Uncle Mark tomorrow morning. Remember, good things come to those who wait.

 

例:子供から親へ

A: 今日公園に行ける?

B: いや、明日みんなで行くつもりよ。

A: でも、今日行きたいの。

B: ごめんね、ジュリー。でも明日の朝にはサラとマークおじさんも一緒に行くのよ。

   いい、待てば海路の日和ありっていうでしょ。

 

Because it’s a positive and catchy proverb, it is often used in advertising.

このことわざは建設的で人の心をとらえるので、しばしば広告で使用されます。


No 068

スポンサーサイト



COM Mini French Lesson #355

minicomfrench.png 
Nouvelles françaises 
ニュース


Pourquoi il faut sauver les « espèces parapluie »

なぜ「アンブレラ種」を救わなくてはならないのか


A Niort, un parc animalier tente depuis 2015 de sauver un oiseau sauvage menacé d’extinction.

ニオールでは、2015年から、絶滅の危機に瀕する野鳥を救おうとしています。

 

Son nom ne vous dit peut être pas grande-chose, et sa disparition ne vous fera sûrement pas bondir de votre chaise. Pourtant, l’outarde canepetière a un rôle important. Cet oiseau sauvage et agricole est considéré comme une « espèce parapluie ». C’est-à-dire que sa sauvegarde va aussi aider à protéger d’autres espèces. Grâce à une mission de préservation, le parc animalier Zoodyssée, à Niort, tente depuis quelques années d’endiguer l’extinction de l’espèce. Car depuis les années 70, les populations d’outardes ont diminué de 60 %. En cause : la chasse et l’intensification de l’agriculture.


その鳥の名前を聞いても大して重要だとは思わないかもしれません、その鳥がいなくなっても、跳び上がって驚くこともないでしょう。しかし、この野鳥、ヒメノガン(outarde canepetière)はとても重要な役目をになっているのです。なぜなら「アンブレラ種」と考えられるからです。つまり、この鳥を保護すれば、ほかの種も守られるのです。保存活動のおかげで、ここ数年、ニオールにあるズーディッセ動物公園はヒメノガシの絶滅を防ぐための努力をしています。というのは70年代以来、この鳥はすでに60%減少しているのです。原因は狩りと農業の強化にあります。

 

Voir la suite en vidéo :

続きは以下のサイトで動画をご覧ください

 

https://www.lemonde.fr/videos/article/2019/12/09/plan-b-pourquoi-il-faut-sauver-les-especes-parapluie_6022166_1669088.html


No 071

COM Mini English Lesson #354

minicomenglish.png 
Idiom 
イディオム


to be up for something 

何かをする気がある

 

This idiom is used to express how keen you are to do something.

このイディオムは、あなたがどのくらい何かに乗り気になっているかを表すものです。

 

Example: 

A: Are you up for a game of darts tomorrow night?

B: Sure! At that bar again?

A: No, I got a dartboard!

B: You bought one? That’s great!

A: Er, do you have any darts? I forgot to buy some…

 

A: 明日の晩ダーツやる気ない? 

B: いいね!またあのバーでいいの?

A: いや、僕ダーツボード買ったんだよ。

B: ダーツボード買ったの、すごいね!

A: あの~、君、ダーツは持ってないかな。ボードは買ったけどダーツ買うの忘れて・・


No 063

COM Mini French Lesson #354

minicomfrench.png 

Un petit morceau de français
一口フランス語

Jeux de mots - Le pangramme 

言葉遊びーパングラム

 

La phrase ci-dessous est sans doute le plus célèbre pangramme français. Pouvez-vous en déduire ce qu’est un pangramme et en quoi consiste ce jeu de mots ?


下に挙げた文は間違いなく最も有名なフランス語のパングラムです。この文章どこがパングラムえ言葉遊びなのかおわかりでしょうか。

 

« Portez ce vieux whisky au juge blond qui fume. »

 

Réponse : Cette phrase contient toutes les lettres de l’alphabet, ce qui fait d’elle un pangramme, de plus elle n’utilise qu’une seule fois chaque consonne et forme un alexandrin.


答え:この文にはアルファベット26文字すべてが含まれていますね。ですからこれはパングラムなのです。そして各子音を一度しか使わずにアレクサンドラン(12音節詩句)を作っています。

 

Le pangramme est en effet une phrase comportant toutes les lettres de l’alphabet. On pourra remarquer qu’en français, il y a aussi des lettres accentuées et des ligatures, ainsi il existe donc diverses sortes de pangrammes, avec ou sans lettres accentuées et avec ou sans ligatures.


パングラムは実際アルファベットの全ての文字を含んでいます。フランス語ではアクサンのついた文字や合字がありますので、いろいろなパングラムがあります。アクサンや合字のないものもあるわけです。

 

Utile surtout lorsqu’il s’agissait de tester toutes les lettres d’une machine à écrire, de nos jours l’exercice consiste à former une phrase cohérente la plus courte possible sans sigle, ni abréviation. 


タイプライターの全ての文字をテストするためにも使われ、現在では、略語、省略形を使わずにえきるだけ短い、まとまりのある文を作っています。

 

Il existe des pangrammes dans d’autres langues, en anglais par exemple :

“The quick brown fox jumps over the lazy dog.”


英語のようなほかの言語にもパラグラムがあります。たとえば:

“The quick brown fox jumps over the lazy dog.”

素早い茶色の狐はのろまな犬を飛び越える

 

Il existe aussi des pangrammes utilisant d’autres alphabets. Bien que ne correspondant pas tout à fait à la définition du pangramme, l’iroha japonais qui utilise toutes les syllabes hiraganas dans un poème en est aussi très proche dans son concept.


アルファベット以外にもパングラムがあります。パングラムの定義とは必ずしも一致しないところがありますが、日本の「いろは」は1つの歌で全てのひらがなを使っていて、パングラムの概念に極めて近いと言えます。いろはにほへと ちりぬるを わかよたれそ つねならむ うゐのおくやま けふこえて あさきゆめみし ゑひもせす


n°066


COM Mini English Lesson #353

minicomenglish.png 
News 
ニュース


Study reveals ancient parrot in New Zealand had height of 1m

古代ニュージーランドのオウムは身長1メートル

A new study has revealed that a parrot that traveled New Zealand about 19 million years ago had a height of 1m (3ft 3in) which is considered as more than half the average height of a human being, BBC reported.

BBCによると、約1900万年前のニュージーランドを飛んでいたオウムは体長が1メートル(3フィート3インチ)、平均的な人間の身長の約半分の大きさがあったという新しい研究発表がありました。

According to details, the remains of the giant parrot were found near St Bathans in New Zealand’s southern Otago region.

この巨大オウムの遺骨はニュージーランド南部のオタゴ地方にあるセントバサンスの近くで発見されました。

"There are no other giant parrots in the world," Professor Trevor Worthy, a palaeontologist at Flinders University in Australia and lead author of the study, told. "Finding one is very significant."

オーストラリアのフリンダース大学の古生物学者で、研究を主導したトレバー ・ウォーシー教授は「世界にこれほどの巨大オウムは存在しません。見つかったオウムは大変重要なものです」と話しています。

Prof Worthy said his student found the parrot’s bones, preserved for 11 years, by chance in his laboratory during a research project.

ウォーシー教授の話によると、オウムの骨は11年間保管されていたもので、調査プロジェクトの最中に教授の研究室で偶然発見されたとのことです。発見したのは彼の学生でした。

(Shortened)

https://dunyanews.tv/en/WeirdNews/504466-Study-ancient-parrot-New-Zealand-height-1m-

No 061