All Entries |  Monthly Archives |  Tag Cloud |  New entry |  Up load | 

COM Mini English Lesson #234

Idiom
イディオム(慣用的な表現)

com mini lesson

to get up on the wrong side of bed
ベッドの反対側から起きる→ 機嫌が悪い

This idiom is used to describe a person who is particularly grumpy/irritable for no apparent reason.
このイディオムは、はっきりした理由がないのに機嫌が悪かったりイライラしている人の様子を表しています。

Example: 例
 A : What’s wrong with Mark today?
 B : Mark? I haven’t seen him.
 A : Well, he’s in a very bad mood, and nobody know why.
 B : I guess he just got up on the wrong side of bed.

 A: 今日のマークはどうしたんだろう。
 B: マーク? 僕は今日会ってないけど。
 A: いやね、彼、すごく機嫌が悪くてさ、誰も原因がわからないんだ。
 B: 僕が思うに、ベッドの反対側から起きたんじゃないかな。


No 040
スポンサーサイト

COM Mini French Lesson #234

Un petit morceau de français
一口フランス語

com mini lesson

Le vrai camembert
   本当のカマンベールチーズ


Voici quelques conseils que peut vous donner tout Normand, lorsqu’il s’agit de déguster un vrai bon camembert.

みなさんが、ノルマンディ産の本当のカマンベールチーズを味わいたいと思ったときには次のことを参考になさってください。


D’abord, bien évidemment l’Appellation d’Origine Contrôlée doit préciser « Camembert de Normandie ». Ensuite, il doit être au lait cru et moulé selon la méthode traditionnelle, c’est-à-dire à la louche. Enfin, un bon vrai camembert se révélera incomparable, de saison, au printemps et en été (quand les vaches sont au pré), mais aussi surtout lorsqu’il est crémeux et fait à cœur.

まずAOC(原産地呼称統制:フランスが自国の酪農製品や農産物を保護、保証する制度)がはっきり「カマンベール・ド・ノルマンディ」と認めていること。次に無殺菌乳を使い、伝統的な方法で作られなくてはなりません、また、本当に良質なカマンベールは春と夏、つまり牛が牧場にいる時期のもので、特に真ん中までクリーミーでなければなりません。

No 043

COM Mini English Lesson #233

News
ニュース

com mini lesson

Desire for a streetcar: Austrian police catch tram joyrider
  オーストリア警察、市電ジャックの男を御用


When the driver of a Vienna tram nipped out of his seat for a toilet break at the weekend, a bystander seized the opportunity. He jumped in the cab and drove off down the tracks.

日曜日のこと、ウィーンの市電の運転手が、トイレ休憩で運転席を離れました。それを見ていたひとりの男がチャンスとばかりに運転席に飛び乗ったかと思うとそのまま走り出しました。


The unusual joyrider, whose getaway options were clearly limited, fled less than two stations down the line before he was caught and arrested on Sunday. Police said the 36-year-old, who has confessed to stealing the tram, was an ex-employee of the transport company. As investigations continued on Monday, they said there was no obvious motive and they do not believe it was an act of revenge against his former bosses.

彼は、逃げきる可能性が限られているのがはっきりしているにもかかわらず、ようやく逮捕されたときには停留所をすでに2つ過ぎていました。
警察によると、この市電ジャックで逮捕された36歳の男は以前鉄道会社で働いていたこそうです。取り調べは月曜日にも行われましたが、はっきりとした動機は見つからず、かつての上司への恨みや仕返しとも考えられませんでした。


The man stole the vehicle, operated by Wiener Linien transport company at Rodaun station in the city’s south-west, and took it for a trip along route number 60. A police officer said the rogue driver made an announcement, telling passengers they should not be on board as it was a special ride, according to Austrian news site Die Presse.
However, the trip down memory lane was cut short, when the company realized something was amiss and shut down the power.

この男が盗んだ市電はウィーン市の南西部ロダウンにあるウインナ・リニアン交通のもので、男はルート60の路線を走りました。オーストリアのニュースサイトであるダイ・プレスによれば、男は乗り合わせた乗客に対して、これは特別な運行であり、乗ってはいけないというアナウンスをしたとのことです。 しかし、ウインナ・リニアン交通が異変に気付いて電気を止めたために、この旅は途中でお開きとなりました。

Source :http:/www.bbc.com/news/world-europe-38717192

No 037

COM Mini French Lesson #233

Christophe先生のフランス語レッスン
com mini lesson

Mon frère et moi

 Mon frère et moi sommes très proches.
 兄と私はとても仲が良い(人称代名詞の強調形が主語になるとき)



▸    “Tu es allée passer deux jours chez mes parents avec mon frère.”
     君は、僕の兄と一緒に僕の両親の家で2日間過ごした。


Rappel : les formes toniques des pronoms personnels ne peuvent pas être utilisées seules en tant que sujet d’une phrase, ce rôle étant réservé aux pronoms personnels sujets.
   Pronoms personnel toniques : moi, toi, lui/elle, nous, vous, eux/elles
   Pronoms personnels sujets : je, tu, il/elle/on, nous, vous, ils/elles

普通、主語として使われるのは主語人称代名詞です。人称代名詞の強調形は、単独で文章の主語にはなりません。
   人称代名詞の強調形:moi, toi, lui/elle, nous, vous, eux/elles
   主語人称代名詞:je, tu, il/elle/on, nous, vous, ils/elles



▸    “Toi et mon frère êtes faits l’un pour l’autre.”
     君と僕の兄さんはお互いのために作られた(フランス語の愛の表現の一つ)


Cependant, lorsque le groupe sujet est composé d’une énonciation de plusieurs personnes, les pronoms personnels toniques devront être utilisés dans ce groupe sujet.

会話文では、主語が複数の場合、例文のように、人称代名詞の強調形は、人称代名詞や固有名詞と組み合わせて使われます。


▸    “Anne, Mathieu, toi et moi prendrons ma voiture pour aller à la plage.”
     アン、マシューと、君と僕は、僕の車で海に行く。


Pour des raisons de politesse et de modestie, il est de coutume de placer le pronom tonique de la première personne “Moi” en dernier d’une liste.

また、上の例文のように、控えめで丁寧な言い方をするために、Moiは複数の主語の最後に置かれます。

No 044

COM Mini English Lesson #232

Little bites of English
一口英語

com mini lesson

接尾語の~able

There are so many words (especially verbs ) which can be changed into adjectives with the ‘able’ suffix, meaning ‘can be…’. Below are a few very popular examples.

英語には、ableという接尾辞をつけることで「~できる」という意味の形容詞になる単語(特に動詞)がたくさんあります。たとえば以下のようなものです。

     washable       
     洗える
     breakable      
     壊すことができる(壊れやすい)
     readable       
     判読できる、読みやすい
     believable      
     信じられる
     changeable      
     変えることができる
     doable (informal)  
     行うことができる
     drinkable       
     飲むことができる
     wearable       
     着用に適する

You can easily make them negative by adding the ‘un’ prefix.
始めに接頭辞のunをつければ反対語になります。

   Examples:  

“This new material is unbreakable.” 
この新しい素材は壊れにくい。

“Her story is very believable.”    
彼の話はとても信用できる。

“The project is difficult but doable.” 
そのプロジェクトは難しいがやることはできる。

“The weather is quite changeable now.” 
今は天気がとても変わりやすい。


No 041