All Entries |  Monthly Archives |  Tag Cloud |  New entry |  Up load | 

COM Mini English Lesson #249

Idiom
イディオム(慣用的な表現)

com mini lesson

“ Good for you! ”
    よかったね!


When you hear that a person has had some good news, the above phrase is used to express your happiness for them.
人から良いニュースを聞いた時、”Good for you!”と言って、おめでとうの気持ちを伝えます。

Example: 
   A: Well, how did your interview go?
   B: Great. Actually, they gave me a job.
   A: Fantastic! Good for you!


   A: 面接はどうだった? 
   B: うまくいったよ。仕事もらえると思う
   A:素晴らしい!よかったね



Instead of ‘you’, another pronoun or name may be used.
Youではなく別の名前や代名詞を使うこともできます。

Example:
   A: I heard that Sandra was able to get the scholarship.
   B: Good for her!


   A: サンドラが奨学金をとれたと聞いたよ
   B: それはよかった


No 042
スポンサーサイト

COM Mini French Lesson #249

Un petit morceau de français
一口フランス語

com mini lesson

L’œuf à la coque
半熟卵


Un œuf à la coque est un œuf cuit dans sa coquille dont le blanc et surtout le jaune sont encore semi-liquides.

Un œuf à la coqueは殻のまま調理された卵で、白身と、特に黄身が半熟のものです。

Un œuf à la coque, c'est tout simplement un œuf cuit peu de temps (3 minutes) dans sa coque, plus communément appelée coquille. Et contrairement à l’œuf dur, cuit aussi dans sa coque, mais qui se mange hors de celle-ci, l'œuf coque est mangé à l’intérieur de la sienne.

Un œuf à la coqueは、殻をむかずに短時間(3分ほど)ゆでられた卵です。coquilleとも呼ばれます。同じように殻付きのまま料理されても、食べるときは殻をむく l’œuf dur(かたゆで卵)とは反対に, l'œuf coqueは殻をむかずに食べます。

Un coquetier est utilisé pour le maintenir droit et en place. Placé dans son coquetier, une fois la partie supérieur de la coque retirée, l’œuf est dégusté à l’aide de mouillettes. Les mouillettes sont des petits morceaux de pain beurré, longs et minces que l’on trempe dans l’œuf à la coque pour le savourer.

l'œuf coqueを食べるとき、まっすぐに立てるためにエッグスタンドを使います。できあがった卵をまずエッグスタンドに立て、上半分の殻を取り除きます。そして mouillettesと呼ばれるスティック状の小さなバターパンを半熟卵の中に浸して一緒にいただきます。

No 046

COM Mini English Lesson #248

News
ニュース

com mini lesson

Babies remember their birth language
赤ちゃんは誕生時の言語を記憶している


Babies build knowledge about the language they hear even in the first few months of life, research shows.
赤ちゃんは誕生後数か月に聞いた言語を覚えているという研究結果が発表されました。

If you move countries and forget your birth language, you retain this hidden ability, according to a study.
研究によると、幼い時に違う国に引っ越して誕生時に聞いた言語を忘れてしまっても、最初に聞いた言語は能力として残されているということです。

Dutch-speaking adults adopted from South Korea exceeded expectations at Korean pronunciation when retrained after losing their birth language.
ドイツ語ネイティブの大人で、もともと韓国で生まれて養子として出た人たちは、出身地の韓国語を完全に忘れてしまっているにも関わらず、もう一度勉強すると、期待以上にきれいに発音することができます。

Scientists say parents should talk to babies as much as possible in early life. Dr. Jiyoun Choi of Hanyang University in Seoul led the research.
科学者たちは、赤ちゃんが小さいうちに、できる限り沢山赤ちゃんに話しかけるべきだと言います。ソウルの漢陽大学のジョン・チョイ博士が中心になってこの調査を行いました。

The study is the first to show that the early experience of adopted children in their birth language gives them an advantage decades later even if they think it is forgotten, she said.
養子として海外に行った子供たちは、誕生時に聞いた言語を忘れてしまったとしても、数十年後になってもその言語については強みがあるという研究はこれが最初のものです。

“This finding indicates that useful language knowledge is laid down in (the) very early months of life, which can be retained without further input of the language and revealed via re-learning,” she told BBC News.
「この発見で言えることは、誕生後数か月で経験したバース・ランゲージの経験は保存され、それ以上その言語を学ばなくても、もう一度勉強することでよみがえるということです」と、博士はBBCニュースに語りました。

http://www.bbc.com/news/science-environment-38653906

No 040

COM Mini French Lesson #248

Christophe先生のフランス語レッスン
com mini lesson

Le pronom personnel « on »
人称代名詞の“on”


Dans une conversation, il sera fort probable d’entendre le pronom personnel « on » utilisé comme sujet pour remplacer le « nous » très proche sémantiquement. Ce pronom peut cependant avoir d’autres significations.
会話では 、“nous”の代わりに “on” をよく使います。しかし、この人称代名詞は別の意味を持つこともあります。

Remarque : Quelle que soit sa signification, lorsque le sujet d’un verbe est « on », la conjugaison de celui-ci sera toujours celle de la troisième personne du singulier (il/elle).
注: “on”を主語にした文では、常に動詞は三人称単数で活用します。

1. Le « nous » de la conversation     1. “nous”の意味で使うとき(会話)
- Vous arrivez quand ?- いつ到着するのですか
- On arrive lundi vers 19h.

-月曜日の19時ごろです

2. Tout le monde 2. Tout le mondeの意味で使うとき
- En France, on adore le pain, le vin...-フランスではみんなパンとワインが好きですよね
- … et le fromage !

-それからチーズも!

3. Quelqu’un3. Quelqu’unの意味で使うとき
- Ha ? On sonne à la porte !-おや、だれか門でベルを鳴らしたよ
- Oui, je vais voir qui c’est.-うん、誰なのか見てくるよ


No 047

COM Mini English Lesson #247

Little bites of English
一口英語

com mini lesson

「ワニ、またね!」

Most people don’t have many chances to say “See you again, alligator!”, unless they work in a zoo or nature reserve.
ほとんどの人は、動物園や自然保護区で働かない限り「アリゲーター君、またね!」などと口にする機会はありませんね。

However, the following conversation is common.
しかし、次の会話はよく耳にするのです。

   A: “See you later, alligator.”
   B: “In a while, crocodile.”

   A:またね、アリゲーター君
   B:またね、クロコダイル君


It’s just a playful way for two people to say goodbye and say they’ll meet each other again soon.
これは、2人の友人や親子のおどけた会話です。「さよなら」と「またすぐ会おうね」をあらわす表現です。

The way it rhymes (‘later’➡ ‘alligator’, ‘while’➡ ‘crocodile’) makes it fun to say, especially for children. 
発音に注目してください。
  later (レイター) → alligator (アリゲイター
  while (ワイル) → crocodile (クロコダイル
特に子供にとって、この単純な押韻(おういん)は面白いのです。


Just don’t say it to your boss!
ただ、これは上司に対しては不適切ですのでご注意を!


No 044