2019.01.15 12:00

COM Mini English Lesson #307

minicomenglish.png 
Little bites of English 
一口英語


We are the Champions

(伝説のチャンピオン)

 

The movie Bohemian Rhapsody was a surprise hit in Japan last year. It is about the British rock band Queen.

 

映画「ボヘミアン・ラプソディー」は昨年日本で驚異的にヒットしました。これは英国のロックバンド「クイーン」の物語です。

 

One of their most famous songs is ‘We are the Champions,’ released in 1977. But surely ‘the Champion’ would be more suitable. After all, in a contest, there is just one winner. An alternative would be ‘We are Champions,’ without ‘the’, meaning that everyone is a winner.

 

彼らの有名な歌の中に1977年にリリースされた‘We are the Champions’があります。日本では「伝説のチャンピオン」という名で知られています。このthe Championsは、‘the Champion’と単数にするほうが良いかもしれません。何と言ってもコンテストで優勝するのは一人だけに決まっているからです。あるいは代わりにWe are Championsという風にtheをとった言い方でも良いでしょう。この場合は「ひとりひとりがチャンピオンなんだ」という意味になります。

 

In team sports, however, the phrase ‘the champions’ is often used, as it refers to every member of the team being a winner.

 

とはいえ、団体競技では‘the champions’という表現がよく使われています。それは、チームの一人一人がchampionだということです。

 

Freddie Mercury, who wrote the lyrics, has said that he was thinking about football supporters when he wrote the song. It has actually become an anthem for the finals of many sporting events around the world.

 

この歌を作曲したフレディ・マーキュリーは、歌を作りながらフットボール(サッカー)のサポーターのことを考えていたと言っています。実際、この歌は世界中多くのスポーツ競技で決勝戦の時に歌われています。


No 056

スポンサーサイト
2019.01.15 10:00

COM Mini French Lesson #307

minicomfrench.png 
フランス語のことわざ 
Proverbe


Ventre affamé n’a point d’oreilles.

飢えたお腹には耳がない腹が減っては聞く耳もたぬ

 

Ce proverbe signifie qu’on n’écoute rien, surtout pas la voix de la raison, quand on a faim, quand on a besoin de quelque chose. Il peut s’appliquer à celui qui, très pauvre et réduit ici à son ventre, n’hésite pas à recourir à des moyens illicites ou dangereux pour subvenir à ses besoins.

 

このことわざは、誰でも空腹で何か食べるものが欲しい時は、どんな正論に対しても聞く耳を持たないということです。これはまた、大変貧しくて物も買えない人が、必要を満たすためには違法なことや危険なことでも躊躇いなく行うという意味にも解釈されています。


No 058

2019.01.10 16:00

COM JOURNAL 1月号

ComJournal 2019.01
2019.01.09 17:00

COM Mini English Lesson #306

minicomenglish.png 
Robert先生の英語レッスン


While  vs.  During  (・・・の間)

 

These two words are used differently, and are often confused by non-native English speakers. Let’s clear up this problem!

 

この2つの単語は、使い方は違いますが、ノンネイティブの人たちが英語を話すとき、よく混同されます。さあ、この問題を解決しましょう!

 

While

‘While’ is usually followed by a clause.  

Whileは、普通、文の前に置かれます

 

Examples: 

“I watch TV while I have breakfast.” 

私は朝ご飯を食べながら、テレビを見ます。

 

“While I worked, she went shopping.”  

私が仕事をしている間、彼女は買い物に行きました。

 

In the first example, the two subjects (‘I’) are the same. It can be changed to:

“I watch TV while having breakfast.”

最初の例文の、2つの’I’は同一人物です。2つ目の’I’を省いて次のように書き換えが可能です。“I watch TV while having breakfast.”

 


During

‘During’ is always followed by a noun. 

During’はいつも名詞の前に置かれます

 

Examples: 

“There was a lot of rain during the night.”

夜の間に沢山雨が降りました。

 

“I fell asleep during the performance.”

コンサートの間眠ってしまいました。

 

“During her stay in the country, the singer gave over twenty interviews to promote her new album.”

その国に滞在中、その歌手は新しいアルバムの宣伝のために20以上のインタビューを受けました。

 

“I have no free time during the week.”

平日は、私は全然フリータイムがありません。


No 056

2019.01.09 16:00

COM Mini French Lesson #306

minicomfrench.png 
Expression idiomatique 
イディオム(慣用的な表現)


Faire un malheur 

とんでもないことをしでかす、大当たりする

 

Cette expression a deux sens presque opposés.

この表現はほとんど反対の、2種類の意味を持ちます。

 

 

Le premier sens, négatif comme on pourrait s’y attendre avec le mot malheur de l’expression, désigne le mal, la violence et les conséquences funestes qui pourraient être provoqués par une personne poussée à bout.

 

1つ目は、le malheurから連想される否定的な意味を持ちます。怒っている人によって引き起こされる災いや暴力、致命的な結果を表しています。

 

« Madame Lorilleux, du coup, s'était retournée. Elle brandissait la casserole comme si elle allait jeter l'eau seconde à la figure de sa belle-soeur. Elle bredouillait :

- Fichez le camp, ou je fais un malheur ! »

Émile Zola - L'assommoir

 

ロリユ夫人は、すぐに戻ってきた。義理の妹の顔に水をかけようとするかのように鍋を振り回しながら、口をもぐもぐさせた。

「出て行かないと、とんでもないことになるよ!」

                      エミール・ゾラ 『居酒屋』

 


Le second sens de l’expression, beaucoup plus moderne, signifie faire un tabac, avoir un énorme succès.

2つ目は、もっとずっと現代的になり、faire un tabac,つまり大成功をするという意味になります。

 

« Cette nouvelle pièce de théâtre est vraiment terrible ! J’ai adoré… Je suis sûr qu’elle va faire un malheur !! »


今度の新しい芝居はすごいよ!面白かった。必ず大当たりするよ! 

N°57