2018.05.29 12:00

COM Mini English Lesson #278

News
ニュース

com mini lesson

Watt a mix up: is this the most bizarre red card ever?

Footballers have been sent off for bad tackles, handballs and violent conduct, but not many have received a red card for saying their own name.

サッカー選手はタックル、ハンドボール、暴力行為などでレッドカードを出されますが、自分の名前を名乗ったためにレッドカードを出されたのは初めてです。

That was the case last night in English non-league football when Hemel Hempstead Town player Sanchez Watt saw red in the national League South game against East Thurrock United.

この事件は、イングランドの6部にあたるナショナル・リーグ・サウスの試合で、対イースト・サロック・ユナイテッド戦の最中に、ヘメル・ヘンプステッド・タウン所属のサンチェス・ワットの身に起こりました。

During Hemel’s 2-0 victory, in which Watt scored, the former Arsenal man was called over by referee Dean Hulme for reportedly kicking the ball away.

元アーセナルFWのワットは1ゴールを挙げ、ヘメルが2-0でリードしましたが、その最中にボールを蹴ったことでディーン・ハルム主審に呼び止められました。

In reaching for his yellow card, the official asked the Hemel player for his name and he said “Watt”. Hulme replied with “what?” and then asked the player for his name again to which he was again told “Watt”. Believing that Watt was showing dissent for questioning his decision, the yellow card turned to a red.

イエローカードを提示した時主審はヘメルの選手、ワットに名前を尋ねました。彼の答えは「ワット(Watt)」。主審は「なんだって(What)?」と聞き返し、もう一度名前を聞きました。ワットは再び「ワット(Watt)」と答えました。ワットは主審に異議を唱えたと考えられ、イエローカードはレッドカードに変わりました。

Thankfully for Watt, it was only after Hemel captain Jordan Parkes explained to the referee about the misunderstanding that the red card was rescinded and the yellow was issued as originally planned. Speaking to the BBC afterwards, Hemel Hempstead chairman Dave Boggins revealed that referee Hulme apologised for the mix-up.

幸い、ヘメルの主将ジョーダン・パークスが、この誤解について主審に説明したために、すぐにレッドカードはもとのイエローカードにもどりました。ヘメル・ヘンプステッドのデイブ・ボギンス会長はBBCに対し、ハルム主審はこの誤解について謝罪したとコメントしています。

http://www.theweek.co.uk/football/92144/sanchez-watt-sent-off-most-bizarre-red-card-ever

No 046
スポンサーサイト