2018.09.25 12:00

COM Mini English Lesson #293

minicomenglish.png 
News
ニュース


Singing decorator from Flintshire saves church gig. 
フリントシャー出身の内装作業員、教会のリサイタルを救う

He has performed for the Prince of Wales and entertained crowds of more than 15,000.
彼は、チャールズ皇太子や1万5千人以上の人々の前で歌ったことがあります。

But opera singer John Pierce was not expecting to sing while helping his father-in-law decorate a church.
でも彼、つまりオペラ歌手のジョン・ピアス氏は、義理の父親が教会の内装をするのを手伝っていた時に、自分自身が急に歌うことになるとは思いませんでした。

Mr. Pierce, 34, originally from Holywell, Flintshire, stepped in at the United Reformed Church, Maldon, Essex, when the lunchtime pianist cancelled.
フリントシャーのホリーウェル出身34歳のピアス氏は、エセックス州マルドンのユナイテッド・リフォームド教会で行われるはずだったランチタイムのリサイタルでピアニストがキャンセルしたのを助けました。

“I was so pleased it went down OK,” tenor Mr. Pierce said, “Normally, I like to be a bit better prepared.”

「うまくいって嬉しかったです。でも普段はもっと練習してからやるのですが」と、ピアス氏は言いました。彼はテノール歌手なのです。


The pastor, Rev Mark Ambrose, was preparing to scrap the scheduled lunchtime music recital just half an hour
before guests were due to arrive.

コンサートを聴きに来る人たちが来るちょうど30分前、牧師のマーク・アンブローズさんはランチタイムリサイタルをやめる準備をしていました。


But Mr. Pierce’s father-in-law Jim Earls, who overheard the commotion the cancellation had caused, shouted down from his ladder; “Oh, John will do it. He’s a fantastic singer.”

しかし、ピアス氏の義理の父親であるジム・アールスはキャンセルが引き起こしている騒動を耳にして、梯子の上から叫んだのです。「ジョンがやるから大丈夫さ。彼はそれはそれは素晴らしい歌手なんだから」


http://www.bbc.com/news/uk-wales-north-east-wales-41861142


No 049



スポンサーサイト
TRACKBACK
Trackback URL:
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)