2018.10.09 10:00

COM Mini French Lesson #295

minicomfrench.png 
Nouvelles françaises 
ニュース

Un gène « zombi » protège l’éléphant du cancer

『ゾンビ』遺伝子が象をガンから守る

Le pachyderme bénéficie de multiples copies d’un gène suppresseur de tumeurs, mais aussi de la « résurrection » d’un gène inactif chez les autres mammifères.

厚皮動物(象やサイのような皮の厚い動物)は腫瘍を除去する複雑な遺伝子の恩恵を受けています。また、ほかの哺乳類にも存在する、活動していない『蘇生』遺伝子からも恩恵を受けています。

« L’éléphant meurt, mais ses défenses demeurent », dit un proverbe africain. Mais si ce géant meurt, c’est très rarement d’un cancer. Pourquoi ? Grâce à ses défenses ! Pas celles, en ivoire, qui arment ses mâchoires, mais celles, en ADN, que l’évolution a peaufinées depuis des millions d’années pour le protéger de cette maladie redoutable. Les médecins rêvent d’ailleurs de s’en inspirer pour forger de nouvelles armes contre ce fléau.

アフリカには「象は死ぬが牙は残る」ということわざがあります。しかし、この巨大な生き物がガンで死亡するのはまれです。防御機能があるのです。門歯が発達してできた象牙の中にではなく、DNAの中にです。この恐ろしい病気から象の体を守る遺伝子はかつては役に立たない壊れた遺伝子でしたが、何百万年もの時間をかけてゾンビのようによみがえり、進化を遂げたのです。医師たちは、これにヒントを得て、ガンという災禍に対抗できる新しい兵器を作り出したいと願っています。

 

https://www.lemonde.fr/sciences/article/2018/08/19/science-22-8-un-gene-zombi-protege-l-elephant-du-cancer_5344041_1650684.html

No 059
スポンサーサイト
TRACKBACK
Trackback URL:
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)